ぎっくり腰・慢性腰痛・肩こり・五十肩・膝の痛みが得意な鍼灸院
髙 野 は り 灸 院

更新日2018-11-07  
営業日 日/祝
9:00~12:00
14:00~20:00

首の痛みの症例

HOME | 治療症例 | 首の痛み治療症例

実際に高野はり灸院にはどの様な首が痛い症状の方がいらして、どの様な施術を行っているのか、一部の症例を載せてご紹介しております。

男性 (30歳代) 神栖市在住
 
首肩の痛み、腰の痛み、太腿の後ろの痛み、膝の痛み
 
平成29年2月6日
〔症状〕
・左右の首肩が痛む(特に右側が強い)。
・腰は10年前からつらい。
・左の臀部と太腿の付け根が痛む。
・右ひざ裏の内側と外側側面が痛む。
・仕事は工場で結構体を使う、重量物を持ったりもする。
・5~6年位前に鍼治療を行ったことがあり、その時は太腿は良くなったが、腰は良くならなかった。
 
〔施術〕
・活法の「膝裏の硬縮取り、梨状筋の導引、内外腹斜筋の導引」を行うと腰が楽になる。
・左の太腿の後面のために腰のS4に鍼を行う。
・右の膝の調整の為にお尻のS12に鍼を行う。
・活法の骨盤回しを行う、大腿や膝の痛みが楽になる。
・肩首のためにお尻のS11に鍼を行って緩める。
・肩も楽になったがゴリゴリ音がするので首肩の中心軸を整える施術を行ったらゴリゴリが楽になった。
・神栖市は遠いので1週間ぐらい期間を置いて再度施術を行うようにお話をして本日は終了。
 

男性 (30歳代 ) 鉾田市在住
 首と背中の痛み
 
平成29年1月9日
〔症状〕
・首の骨(頚椎)の左脇が首を動かしたときに一箇所引っかかる所があるみたいで、伸ばしたり縮めたり回したりすると痛い。
・背骨の肩甲骨の下の高さ辺りの所が時々チクチク痛む。
・腰はいつも凝っている。
・両肘は凝っていて重い感じがする。
・今までマッサージは掛かったことがあるが、その時は軽くなるが翌日にはまた元に戻るらしい。
〔治療〕
・立った状態で前屈してもらったら腰が張って重い、そこから戻すときもつらそうでした、後屈も少し重い、左右の側屈時は背中がつらい、ここが時々チクチクする場所らしい。
・まずは腰を良くしないと背中や首は良くならないので腰の治療から行なった。
・活法で膝裏の硬縮取り、梨状筋の導引、内外腹斜筋の導引、腰椎の回旋導引を行った、骨盤を安定させるために骨盤回しを行ったが途中で違和感があるらしいので中断した、術後だいぶ腰の動きは楽になり、後屈時の重さはなくなった。
・まだ前屈時の張りがあるので足のA14に鍼を行った、前屈は楽になったが戻す時がつらそうなので骨盤を調整するために手のT8に鍼をおこなったら楽に戻せるようになった。
・首は縮める時が特につらいらしいので足のA5に鍼を行ったら縮めるのも伸ばすのも回すのも楽になった。
・左の背中の側屈時の張りがまだ残っているので、足のA25に鍼をしたら楽になった。
・以上で治療は終了したが、本人は「首が痛いから首や肩をもむ訳ではないんですね、足に鍼して取れてしまうんですね、不思議ですね!」と言ってました。

男性 (30歳代)  鉾田市在住
 肩こり・首の痛み
 
平成28年9月24日
〔症状〕
・以前から首や肩のこりがつらい、今回は特に右側の首がつらく、頭痛もしてくる。
・下向くと右の首筋が痛い。
・背中の肩甲骨の間が張ってつらい。
・今まで鍼治療は4回ほど経験している。(当院ははじめて)
 
〔治療〕
・右の肩甲骨の内側のきわに鍼をする→首のこりは楽になったがまだ下をむくと痛む。
・肩甲骨の内側のきわで一番上のS15と後頭部のS13に鍼をする→下をむくのが楽になる。
・右が楽になったら左側のコリが気になりだした→活法の坐骨きりと肩回しを行うと楽になった。
 
平成28年10月22日
〔症状〕
・下を向いたときの痛みは無くなった、首を回したときと、右側に倒した時に右側が痛い。
〔治療〕
・最初は活法の坐骨切りと肩回しで首肩周辺のこりを和らげる。
・右手のツボのT8に反応があり鍼をしたら首の回りが楽になる。
・右足のA5と後頭骨の下のS14に鍼をしたら首を曲げるのも楽になる。
・動きが楽になったので、「何か症状が出てきたら来ていただくように」と話して今回で終了としました。

こちら記載されているのは当院の施術例になります、効果については個人差がございます。